人間ドックのガンや生活習慣病のオプション検査

人間ドックの検査項目は、健康診断の検査項目と重複している部分が在ります。但し、胃部レントゲンが胃カメラになっている検査コース、大腸ガンの検査が検便ではなく大腸カメラになっている検査コースも有りますので、検査を受ける病院や検査施設、そして人間ドックの検査コースにより様々です。また、人間ドックには様々なオプション検査が用意されており、自分の身体の中で気になる部分の精密検査が可能になっているのです。オプション検査は大きく分けてガンのオプション検査と、生活習慣病におけるオプション検査の2つに分類されており、ガンのオプション検査としては先ほど説明を行った中に登場した大腸の内視鏡検査、食道から胃にかけての内視鏡検査、pet検査機を使ったpet検査、CTやMRIなどを利用した検査などが有ります。

また、肺がんなどの検査としてはマルチスライスCT検査機を使った検査なども有ります。喫煙をする人などの場合は、このような検査を受けておくことで安心と言われています。生活習慣病におけるオプション検査と言うのは、脳ドック、心臓病ドック、骨粗鬆症ドックなどが有ります。尚、脳ドックや心臓ドックの検査と言うのは大掛かりになる事からも、人間ドックと同じ時に検査が行われるのではなく、別のタイミングで検査を受けるケースが多いと言われているのです。

また、女性向けの人間ドックには女性特有の疾患でもある乳ガンや子宮ガンなどの検査が含まれているコースなども有ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です