女性特有のがんに備えぜひ受けたい乳がん検診

がん検診というと大腸がん、胃がん、女性特有のがんといろいろ挙げられますが、女性ならばぜひ受けておきたい1つが乳がん検診です。食生活の欧米化、女性が社会進出したことで様々なストレスを受けるようになり、最近がんになる人が年々増えております。ピンクリボンの活動によって、以前に比べて乳がん検診を受ける人が増えてはいますが、欧米諸国に比べて日本の女性の受診率はまだまだ少ないです。がんの治療は早期発見、早期治療につきます。

検診でまだ自覚症状のないうちに発見できれば、転移もあまりなく、抗がん剤やがんを切る部分が少なくてすむし、手術後の生活のクオリティーを下げなくてもよくなります。乳がん検診はまず1か月に1度、自分で乳房を触って検査することもできますが、やはり専門機関の手もかりて検査しておくほうが安心できます。乳がん検診といえばエコー検診とマンモグラフィーを使った、レントゲン検査に分けられます。乳腺が発達している若いうちは、マンモグラフィーを使った検査だと画像が真っ白に映ってしまうため、エコー検査が有効です。

ちょっとしたのう胞や良性腫瘍なども分かるし、年々経過観察することによって大きさや形の変化を調べることができます。40代ぐらいになったらマンモグラフィーの検査も併用して、乳房の状態を把握しておくと安心です。自分では見つけられない、まだしこりになっていない石灰化状態のがんを見つけることができます。ホーチミンの健康診断のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です