人間ドックでわかることについて

人間ドックというサービスは、健康なうちから定期的に検査を受けることで大きな病気になる前に早期発見しようという試みです。そのため健康保険の適用にはならず、全ての検査が自費での支払いを必要とします。そのためしばしば高額な医療費が必要となるのが人間ドックの特徴であるということが出来ます。一般的には二万円以上が相場です。

しかしこの人間ドックは体の全ての問題が把握できるものかと言えばそうではありません。検査を行ったその時点での状況を取りだして判断をしていますので、一回の結果では検査を行ったその時点での判断しかできません。本当に価値のある検査結果にするためには定期的に検査を行い、点の情報を線としてつなげていく必要があるのです。その様な取り組みを行うことによって真価を発揮するものであると言えるでしょう。

人間ドックはおよそ年に一回、同じ時期に行うことが推奨されます。定期的に、出来れば同じ時期に毎年同じ検査を行うことで初めて比較を行うことが可能になり、飛躍的に豊富な情報を持つようになるでしょう。しかしあくまでも行って検査の範囲しか情報を知ることは出来ません。人間ドックと呼ばれるコースに必ずしもすべての検査項目が含まれているわけではないのです。

もしも検便を行わなければ大腸がんやその可能性の発見は出来ません。そのためあくまでも受けた検査について、検査を受けた時点での状況がどうであったかを示すものであるという基本的な理解が重要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です