ストレスチェックの目的について

ストレスチェックは常時50人以上の従業員を雇用する事業所に義務付けられた新しい健康管理のための制度の1つです。2015年の12月以降少なくとも1年に1回はこのストレスチェックを従業員に行けばしなければならない義務が事業所に課せられています。このストレスチェックは名称が示しているように自分のストレス状態を把握するために行うものです。そのため自分自身で問診票に記入しその結果を確認するということが必要となります。

しかしながら健康診断とは異なり事業上ガスの結果を把握するためには本人の同意を必要とします。本人が会社に見せたくないと考えている場合には見せなくても良いということが法的に定められている特徴があります。このような仕組みとなっている背景にはストレス状況により本人への不利益な対応につながることがないようにと言うと配慮によるものです。このような可能性を排除するためにストレスチェックの実施義務は事業所に課せられる一方で確認する権利については制限されているという状況にあるのです。

そのかわり事業所には一人ひとりの詳細な回答内容ではなく匿名性に配慮した集団集計と呼ばれる職場の状況を報告することができる仕組みとなっています。自分の会社の状態が他の会社と比べてどうであるのかと言う状況については正確に把握することが難しいのですが、集団集計を上手に活用することでその片鱗が見えてくることもあるのです。このような仕組みを上手に活用して職場改善につなげるのがストレスチェックの目的となっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です