ストレスチェック実施にあたっての注意事項

ストレスチェックで実施される内容については個人のストレス状況を把握するために行うと言う目的のものであるため、人によっては他の人に見られることを恐れる場合もあります。したがって実施の際には一人ひとりの情報が不特定多数に広まることのないように配慮する必要があります。このような基本的な安心感がある環境で行うのでなければ、有効な情報を得ることができないのです。このような基本的な部分についてしっかりと押さえておくのは企業側の義務であると言えるでしょう。

一方でストレスチェックを行う義務を持つのは企業側となりますが、健康診断などとは異なりその結果を見る権限があるわけではありません。ストレスチェックの結果は第一に本人に確認してもらう必要があり、結果を本人が確認した後で会社に提示しても良いと言う意思表示をとって初めて確認することができるものとなっています。したがってストレスチェックの結果は会社はお金を出さなければならないにもかかわらず結果を見ることができないと言う仕組みになっているのです。このことについて十分に理解していないと大きなリスクを持つことになりますので注意が必要です。

会社がストレスチェックで得られた情報を元に組織づくりに役立つ情報を得たいと考えているのであれば、集団分析と言う方法を活用するのがオススメです。これは従業員の回答を個人が分からないように集計した情報のことであり、様々な角度から情報抽出することにより有効な情報に加工することができます。このようにして得られた集団の情報を参考に組織改善に努めるのが良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です