タイで病気になった時に、病院で診てもらう

タイへ海外旅行中や仕事で出張しているときに、風邪をひいてしまったり、おなかをこわしてしまい下痢が止まらないような場合に、病院にかかる機会があるかもしれませんが、タイの病院ではどのようなサービスが受けられるかというと、日本と同じように、入院ができます。入院するかどうかを決めるのは医師ですが、この際に必ず聞かれることは、海外でも使える保険に入っているかということです。海外での病院の診察も含め、医療費全般は日本の健康保険を使った場合よりかなり高額で、海外旅行で使えるような保険に入っていないと大きな出費となります。入院する場合には、タイでは日本語の通訳ができる看護師が多くいますので、症状を看護師に伝えれば医師に通訳して説明してくれます。

それによって、日本人向けの病棟に案内されますが、治療中や食事の時も日本語を通訳してくれますので、大変優れたサービスを提供しています。タイの病院で使える保険は、主に空港などで日本の損害保険会社が提供している、海外向けの保険商品で医療の分野が付帯されているものに限ります。死亡や緊急の際に迎えに来てもらえる保険は多くの保険に付帯しており、クレジットカードに付帯しているものもありますが、海外で医療を受ける場合の保険は保険料がやや高く、オプション扱いになっている場合があるため注意が必要です。ただし、このような海外医療損害保険に加入している場合には、タイの病院で病気になったときや、けがをしたときに診察を受けることができます。

ホーチミンのクリニックのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です