がん検診の前の注意事項

がん検診の際に、普段からお飲みになっている薬について、高血圧や心臓病、喘息や糖尿などで治療を受けている場合は、事前に主治医に相談して、常時服用をする薬に関しては、通常通り服用することができます。糖尿病で治療中の場合は、主治医に絶食する旨を説明して、薬剤による支持を受ける必要があります。血糖降下剤を服用している場合は、低血糖を予防するためのものを持参する必要があります。血液をさらさらにするような薬を服用中の方の場合は、出血の危険性が増してしまうので、組織検査を控えることになりますので、事前に検診で伝えなければいけません。

ビタミン剤やサプリメントなどは、尿検査に影響が出てしまうために、前日の朝には飲まないようにすることが重要です。がん検診検診当日の、水分補給については、水か白湯で行います。検診前にはアルコール類は控えなければいけません。来院後は飲水は、検診の支障を来たす場合があるので、控えなければいけません。

午前中に受診をする場合は、検診の当日には朝食を摂らずに、脂肪や油分が多い食べ物はなるべく避けて、受診時間の8時間前に済ませる必要があります。午後に受診する場合、朝食は受診時間の8時間前までにとって、消化の良い食事を軽めに済ませます。朝食以降は何も食べないで受診します。がん検診は、検査の内容によっても、注意事項が変わる場合があるので、受診する前にしっかりと注意事項を把握しておく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です