がん検診の重要性について

通常の健康診断が、身体がに異常がないか、病気の危険因子があるかどうかを目的とするのに対し、がん検診は特定の病気の可能性があるかどうかを調べるため検査します。特に命にかかわるがんは、病気を早期発見して早期治療する事が大切なため、他の検診に比べ一般的です。がん検診には、対策型検診と任意型検診の二種類があります。がんでの死亡率減少を目的とした対策型検診は、有効性が確立されている検査方法を用いて実施されます。

市区町村などが行う公的な予防対策のため、費用が少額か無料で済むため、がん検診にかかる費用が抑えられるのが特徴です。任意型検診の目的は、個人の死亡リスクを下げる事で、専門の医療機関や検診機関などが任意で提供しています。全額自己負担なため費用はかかりますが、対策型検診より自分の目的に合わせてた検診を選択できます。対策型検診の対象となるのは胃がんと大腸がん、肺がんと乳がん、それに子宮がんです。

子宮がん以外は40歳以上を対象に市区町村が実施しており、胃がんと大腸がん、肺がんは毎年の検診を、乳がんと子宮がんは二年に一回の検診が推奨されています。がん検診を受けても見つけにくい場所や形のがんは、100%発見できるわけではないため、定期的に検診を受ける事が大切です。日本人のがん死亡率一位は肺がんであり、胃がんは二位です。がんは自覚症状が現れた時点では転移が進み、治療が困難な場合もありますが、両方とも早期発見ができれば、その多くが治療可能です。

ホーチミンの人間ドックのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です