がん検診を定期的に受けることの大切さ

がん検診を定期的に受ける事は、がんの早期発見をできるとても大切な手段です。がんは初期の段階では自覚症状が全くない事が多く、気づかない内に増殖をして大きくなっていきます。増殖をして大きくなったがん細胞は、リンパ節や血管を侵襲し始め、浸潤がんへと発展し、体中にがん細胞をまき散らしてしまいます。一度浸潤をすると抗がん剤を使っても完全に叩くことができないケースが有り、再発してしまうと完治が難しくなり生命の危険を伴います。

それを予防できるのががん検診です。自覚症状が無い段階で早期発見ができ、早期治療を行う事で非浸潤がんの状態で治療を行う事ができます。近年の日本人の死因でトップを独占しているのががんによるもので、食生活が欧米化しジャンクフードや高カロリー、高コレステロールの食事が中心になるにつれ発症年齢も低下しています。若年性のがんは細胞分裂が早く進行が早いケースが多くなっていて、自覚症状が現れた頃には体の複数の部位に転移しているケースがあります。

二十歳を過ぎたら一度がん検診を受診するようにし、過去の病歴や健康状態、親近者にがん患者がいるかどうかを判断材料とし、1年から2年に一度定期的ながん検診を受ける事が大切です。早期発見への糸口となるがん検診は、生命への危険なリスクを回避し、健康な暮らしを送るためにとても大切です。検査自体も体に負担が少ない検査が多いので、気軽に受診ができるのもメリットです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です