ファクタリング会社選びで比較するポイントは?

売掛債権の現金化が素早くできるなど、ファクタリングは資金調達の方法として注目されつつあり、それに伴いファクタリング会社数も年々増加傾向にあります。そこで、多くの中から優良でかつ自社に合ったファクタリング会社を選ぶにはどうすれば良いのか、比較ポイントについて見ていきたいと思います。まずは、かなり重要となってくる「取引方法」について比較しましょう。取引方法は大きく分けて2種類、「2社間取引」と「3社間取引」に分類することが出来ます。

2社間というのは売掛先の会社を介さずに、自社とファクタリング会社とで契約するものです。一方の3社間取引は、自社と売掛先企業とファクタリング会社、この3社間で契約をします。それぞれにメリットとデメリットがありますので、一概にどちらが優れているというものではないですが、大切なのは、自社の目的や事情に応じて選択するということです。次の比較ポイントは、「最低取引額と手数料」についてです。

取引額は小口から受け付けているところもありますが、100万円以上からと最低額を設けているところも多くあります。手数料に関しては、前述した2社間と3社間取引の違いによる差があることに加えて、会社ごとに設定している額が違いますので注意しましょう。そして、「償還請求権の有無」も必ず確認すべきポイントとなります。償還請求権というのは、何らかの事情で売掛先企業が支払えない場合に、ファクタリング会社が利用企業に全額請求できるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です