ファクタリング会社を比較する時のポイント

売掛債権を手に入れたいけども、通常はなかなか手に入れることができません。契約があった後、会社にお金が入ってくるのはおよそ2ヶ月後ないしは3ヶ月後になります。手形を利用していれば、そのようになる事は当然と言えるかもしれません。この時、急いでお金が欲しい場合には、1つの方法として比較をしながらファクタリング会社にお願いする方法が考えられるわけです。

ファクタリング会社に売掛債権があることを述べて、代わりに買い取ってもらうか債権譲渡をすることにより、これを手に入れることができます。この時、大きく分けて2種類の方法があることを理解しておかなければいけません。そのうちの1つの方法は、売掛債権を譲渡する方法です。ファクタリング会社に利用者が譲渡するわけですが、この場合には債権譲渡するにあたり相手方に通知をしなければいけません。

もう一つの方法は、直接ファクタリング会社が売掛債権をもらう方法です。これを比較する場合のポイントとしては、やはり債権譲渡をする場面の方が相手にばれてしまうためリスクがあるといえます。それ故、2者間で行う直接債権をファクタリング会社に手渡すやり方の方が良いと言えるかもしれません。ただそれだけでは不十分で、もう一つ比較をしておきたいことがあるとすればやはり、その手数料の違いになります。

手数料は、売掛債権を債権譲渡と言う形で譲渡する3者間のやり方の方がはるかに少なくなります。ただこのやり方は、審査が厳しくなるためすべての会社が審査を通過するわけではないことを理解しておかなければいけないところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です