ファクタリング会社の特徴を種類別に比較

一言でファクタリング会社といっても、専門や得意分野を比較するといくつかの種類に分けることが出来ます。ここでは主な種類を取りあげて、特徴を比較してみましょう。まずは、「銀行系」といわれるファクタリング会社であり、その名の通り出資元が銀行の会社です。多くは大手銀行ですので、その他と比較して安心感があるというのがメリットです。

また、手数料も低めに設定されているところが多く、平均すると5%未満と言われています。その代わり、審査基準は厳しく、売掛債権を現金化できるまでは3週間位見ておく必要があるでしょう。したがって、大口利用向きではありますが、早く現金化したいケースには不向きだと言えます。次に「ノンバンク系」に属するファクタリング会社がありますが、ノンバンクというのは銀行等の金融機関以外の金融関連会社の総称です。

預金・決済業務をおこなわない会社で、カード会社やリース会社、消費者金融などが該当します。取り扱い額は100万円からとしているところが多く、手数料は5%から12%程度と会社により差があります。また、ノンバンク系では、医療報酬でのファクタリングを扱っているところも多いです。最後が「独立系」と呼ばれるファクタリング会社で、銀行・証券会社のグループに属さない、完全に独立した経営体制の企業になります。

運営しているのは民間企業で、規模はそれほど大きくありませんが、小口から対応しているなど、独立系ならではの利便性を持っています。また、審査も柔軟で現金化も早いのが特徴です。ファクタリング会社の比較のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です