ファクタリングの仕組みについて

売掛債権を資金化する取引としてファクタリングがあります。売掛債権とはどのようなことかというと、商品の納品やサービスの提供が終了している物で、請求済みの支払いがまだ実行されていない債権になります。ファクタリングとはその売掛債権を第三者である専門会社が買い取るという仕組みになっています。企業の中ではこのような取引が行われています。

恣意差をする際には企業の間では資金取引ではなく賭によって売買が成立するようになっています。したがって相手の企業の支払時期の長さによっては、資金化できるまでに時間がかかってしまうと言うこともあります。また状況によってこれが会社のキャッシュフローにマイナスに働いてしまうことがあるので、この問題を解決しなければいけません。その解決方法の一つがファクタリングとなります。

これを検討する企業の条件としては、銀行などの金融機関に融資を断られたという場合や売掛相手の支払期間が長いという場合です。このほかにはメインバンクや取引先にわからないように資金を引きたいというような場合も検討する価値があります。実際に売掛債権を資金化するまでの流れは、まず商品の納品やサービス提供が完了し、売掛先企業と契約や承認を行います。そしてファクタリング会社との契約が承認されます。

売掛先企業との請求金額の確認を行い、請求金額の通知と最終確認をします。最終的に売掛金企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です