資金繰りにファクタリングを利用する際の心得

ファクタリングは所有している売掛債権を第三者に譲渡して現金収入を得る行為を指します。手形などの売掛債権は資産として扱われる一方で現金とは異なります。また、正規の手続きを経て現金化するためには時間がかかるケースもある他、債務側が不渡りなどのトラブルを引き起こした場合は無価値になってしまうリスクもあります。そのため、速やかに現金化する方法としてファクタリングを利用することがあります。

ファクタリングは売掛債権を売却する行為なので現金収入を得る代わりに所有権が売却先の第三者に移動する点を注意する必要があります。また、債権の額面よりも低い金額で売却することになるので資金繰りでファクタリングを利用する際は必要な金額を考慮することが大切です。ファクタリングによって所有権が移動した債権は買い取った第三者が回収業務を行うことになるので、回収時のトラブルを避けるために事前に債務者に詳細を伝えておくことが社会的なマナーになります。債権の買い取りは専門の業者に依頼するのが普通ですが、同じ額面の債権でも業者によって査定額や手続きの時間に違いがあります。

そのため、複数の業者を比較したうえで利用しやすく信頼できる所を選ぶことがスムーズに手続きを進めるための心得です。特に複数の債権を売却する場合は処理作業も猥雑になりやすい傾向があるので、よりわかりやすく手続きを進めることができる業者を選ぶことが時間をかけずに現金を得るための条件になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です