ファクタリングのメリットについて

経営者は会計管理をすることが非常に大切な業務となります。毎月お金の管理を行って大きく業績を伸ばしていくためにはお金が必要になります。そこで必要になってくるのが資金調達になります。資金調達を行う際にファクタリングという言葉を耳にしますが、基本的に資金調達をするためには、実際に入金されるまでに約1ヶ月程度の審査期間が必要になってきます。

しかしこれに対してファクタリングは、売掛金の売買の際に再単独実で現金を手元に入れることができるようになっています。またファクタリングは融資ではありません。したがって会社の負債としては考えられることがありません。この売掛金があると現金を手に入れることができ、金融機関の審査がスムーズに行われる可能性も高くなりますファクタリングを行う際には手数料が必要になります。

このほかに着手金やそのほかの費用が必要になることもあります。着手金は必要な会社の場合最大で3万円程度となっています。手数料に関しては、3者間取引を行う場合その費用が安くなる可能性があります。それが約1パーセントから5パーセントとなっています。

2者間取引になると手数料が上がるので頭に入れておきます。信用力の高い売掛先の場合には6パーセントから15パーセントとなっています。しかし基本的に2者間取引の場合16パーセントから20パーセントの手数料から行われることが多くなっています。信用力の低い売掛先では21パーセントから40パーセントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です