ファクタリングの手数料について

資金調達をすることは非常に大切なことです。そのなかで中小企業を経営している人は資金繰りを改善することが先決となっています。そこで行われているのがファクタリングとなります。ファクタリングを行う際には手数料が発生します。

取引額の何パーセントが契約の費用となるか、また注意点などをしっかりと把握しておきます。売掛金をファクタリングするという場合には、その価値がどのようにして扱われるのかが気になるポイントです。大手の優良企業の株の場合には、掛け目が80パーセントから90パーセントとなっています。不動産の掛け目に関しては80パーセントまでとなっています。

しかしファクタリングでは掛け目は75パーセントから95パーセントというのが一般的となっています。しかしここで大切なことは、売り掛け先企業や与信対象となり、その結果によっては料率が変化するようになっているので、専門会社にしっかりと相談する必要があります。またこのとき債権譲渡登記を行って第三者対抗要件に備えておくようにします。この際に登記料が発生しますが、その金額が1件あたり7万円から9万円となっています。

またその後抹消する場合にも費用が必要で、1万円から2万円の手続き費用が必要です。会社によって掛け目の料率が異なっていますが、それだけではなく対応サービスの内容も異なっています。ファクタリング契約は自分の会社と売り掛け先企業との3社の取引になりますが、会社によっては2社間取引に対応しているところもありこの場合早く資金化できます。ファクタリング会社の比較のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です