iPhone修理, iPhone修理 横浜, 横浜

充電の持ちが悪くなったら横浜のiPhone修理へ

横浜のiPhone修理店では、iPhoneの充電の持ちが悪くなったと言って駆け込んでくる人が多く見られます。確かにiPhoneを使い続けることにより、だんだんと充電の持ちは悪くなってしまうかもしれませんが、対策ができない訳では無い為、それらを頭に入れておくことは非常に重要です。そもそもなぜiPhoneの充電の持ちが悪くなってしまうのかと言うと、様々な事が要因に挙げられます。その一つに挙げられることがiOSのアップデート後の不具合によるものです。

通常iOSは新しい機能を追加するため、また不具合の修正を行なってくれるものです。アップデートをすればパフォーマンスが良くなると思うかもしれませんが、機種によっては異なります。iOSをアップデートを続けるということは、発売した時よりもハイスペックな状態が求められるということであり、当然のことながら充電も多く消費することになるでしょう。そしてバッテリーが膨張したことによる極端な劣化も考えられます。

一般的にバッテリーが劣化する速度は非常に緩やかですが、落下の衝撃などによって急激に劣化が進むことがあります。場合によっては突然風船のように膨らむこともあり、少しずつ膨らんでいくこともあります。充電の持ちが急激に悪くなったと感じた場合には、膨張が起こっていないかどうかをチェックしてみましょう。さらには寒い場所や暑い場所での使用が挙げられます。

バッテリーはリチウムイオン電池と呼ばれるものが使われていますが、この電池は寒さや暑さを感じる気温で使った場合には、パフォーマンスが驚くほど低下します。iPhone自体も寒さや暑さには非常に弱く、動きが鈍くなります。0°から40°以外の環境下で使った場合には、バッテリーは正常に機能しなくなることを覚えておきましょう。一般的にこのような三つのことが、iPhoneの充電の持ちを急激に悪くさせる原因と言えるでしょう。

iPhoneは連絡ツールだけではなく、その他にも様々な役割を担います。出来る限り充電の持ちが良くしておきたいところです。万が一iPhoneのバッテリーに不具合を感じた場合には、すぐに横浜のiPhone修理店に依頼するようにしましょう。横浜のiPhone修理でバッテリーの交換を行うのであれば、データはそのままに、早ければ15分ほどで修理が完了します。

データ移行や手続きなど面倒な作業も必要ないため、充電の持ちが悪く悩んでいるのであれば、一度交換することを考えてみましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です