iPhone修理, iPhone修理 横浜, 横浜

バッテリー膨張は横浜のiPhone修理を依頼しよう

どんなiPhoneを使っていたとしても、経年劣化により発生する可能性があるものとして、バッテリーの膨張が挙げられます。一般的にiPhoneの内部にはバッテリーが搭載されています。iPhoneを使用する際にはバッテリーを充電して使うことになり、必ず充電を行わなければなりません。iPhoneを使うにあたり充電をする行為は当たり前のことのように感じるかもしれませんが、実はこのバッテリーが膨張することが、故障の原因の一つにもなり得ます。

そもそもiPhoneのバッテリー膨張とはどのような事なのかと言うと、バッテリーの経年劣化により発生する様々な症状の一つです。iPhoneの電力供給はバッテリーを通し行うことになりますが、その多くがリチウムイオン電池と呼ばれるものが使われています。バッテリーはたとえ消費したとしても再び充電をすることによって、何度も繰り返して使うことができます。しかし永久に使い続けることはできず、使っているだけで経年劣化をしていきます。

1回使い切ることで交換をするわけではありませんが、消耗品と考えておくとよいでしょう。この経年劣化により様々な症状が出てきますが、その一つがバッテリー膨張です。膨張は物が膨らんで大きくなることを指していますが、iPhoneの内部にあるバッテリーも大きく膨らんでしまいます。なぜこのようなバッテリー膨張が発生するのかと言うと、それには様々な原因が考えられます。

極端に暑い場所などに放置したり高温になりやすい場所で使うなどの環境によるもの、充電ケーブルを挿しぱなしのまま長時間動画を見たりゲームを続けること、もともと劣化しているバッテリーに落下などの衝撃が加わって膨らむもの、バッテリーが元から膨らみやすい機種であるなど様々です。このようなバッテリーの膨張の症状が起きてくると、画面自体を内側から押し上げることにより、画面が割れやすくなってしまいます。同じようにバックパネルも押し上げられるので、これも割れる原因になるでしょう。するとフレームの間に隙間ができてしまい、ここからホコリや水などが侵入して、内部の劣化にもつながります。

万が一横浜でバッテリー膨張が見られるのであれば、出来る限り早く横浜のiPhone修理を依頼することが重要です。横浜のiPhone修理に依頼すると、新しいバッテリーに交換をすることができます。多くは1時間ほどでiPhone修理も終わり、その後は快適に使えるようになるでしょうがある

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です